「魔法使いの嫁 星待つひと」振り返り上映会&特番

ニコニコ生放送では7月22日(土)20時より
「魔法使いの嫁 星待つひと:前篇」「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」の振り返り上映会、出演者による生トーク特番を放送します。

▼タイムシフト予約はコチラから

■放送スケジュール
20:00 – 「魔法使いの嫁 星待つひと」出演者による生トーク特番
21:00 – 「魔法使いの嫁 星待つひと:前篇」「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」の振り返り上映会

■出演
種﨑敦美、竹内良太。
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。

■作品情報

≪イントロダクション:『魔法使いの嫁』とは≫
連載開始から程なく漫画好き・ファンタジー好きの間で話題となり、2015年に数々の漫画賞を受賞。現在は累計400万部を超える大ヒット作となった正道ファンタジー『魔法使いの嫁』(月刊コミックガーデンで連載中)。
2016年にはアニメ化プロジェクトが始動し、完全オリジナルアニメーション『魔法使いの嫁 星待つひと』全3部作がコミックス特装版第6巻・7巻・8巻に同梱される形で発表された(8巻は2017年9月8日発売予定)。
そして2017年10月、TVアニメ版『魔法使いの嫁』が満を持してスタート致します。
映像化を担うのは『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、数々の話題作を手がけたWIT STUDIO。
ハイクオリティかつエモーショナルな映像を作り続ける彼らが、原作の持つ空気をアニメならではの表現で鮮やかに描き出す。放送は2017年秋と2018年冬の2クール。
放送に先駆け『魔法使いの嫁 星待つひと:後篇』は全国の映画館で8月19日より2週間限定でイベント上映される。語られなかった前日譚、三部作がここに完結-。

≪ストーリー≫
倫(ロン)敦(ドン)から届いた思わぬ贈り物によって、チセは奥底に沈めた記憶を思い出す――。
幼き頃、ひとに見えざるものとひとの無理解に怯えた日々を。
それらから逃げた先に存在していた不思議な図書館と、管理者たる森の魔法使いを。
『君が気にいる本が、何かあればいいんだけど』
何も訊かず、そう言って優しく受け容れてくれた彼や書物との交わりの中、
チセはある時、カウンターに於かれた1冊の本に目を留める。
それは、森の魔法使いにとって特別なものであり、そしてチセにとっても
特別なものとなる本であった……。