3月 今日は何の日

3.1(水)

・ショップの新商品、”カオナシ”靴下を日下くんが購入し、お友達の結婚式に早速履いて行きました。いつ披露しようか様子を伺っていたのですが、満を持して出すタイミングが来た時に革靴で足がむくんでまごまごしてしまった…。と、残念な報告。SOU・SOUの足袋下もそうですが、普段仕事の時に履いていていつお客様にお見せできるかタイミングを計っているスタッフは意外と多いのです。

3.2(木)

・中央ホールにあるガラスケースの中のパン種とタマゴ姫。短編映画「パン種とタマゴ姫」のイバラの中を走る1シーンを模しています。先生役のスタッフと2Fスタッフの力作です。ぜひ覗いてみてください。
170302.jpg

3.3(金)

・草屋で打ち合わせをしていると、島宮さんがいただきものの桜餅を持ってきてくれたので、さっそくみんなでいただきました。今日が雛祭りということをすっかり忘れていたので、ちょっと嬉しい気持ちになるのでした。

3.4(土)

・昨年に続き今年も「三鷹の森アニメフェスタ2017 ~アニメーション古今東西 その14~」が三鷹市芸術文化センターで開催されました。二部制で、第一部は古今東西の傑作アニメーションの上映、第二部では第89回アカデミー賞長編アニメーション映画部門ノミネート作品「レッドタートル ある島の物語」特別上映と〈すみだ水族館〉ゲストトークショーが行われました。
170304a.jpg

第一部のテーマは「お天気とアニメーション」。アニメーションの黎明期から様々な方法で表現されてきた「天気」。晴れや雨、雷など、作り手たちが描いた作品「くもとちゅうりっぷ デジタル修復版」や「霧の中のハリネズミ」など計7作品を、西岡事務局長の解説を交えて、7作品を上映しました。小さな子どもたちも多くいましたが、最後まで楽しんでもらえたようです。
第二部「レッドタートル ある島の物語」の上映もほぼ満席。上映後のトークショーは、すみだ水族館の山内將生館長と中坪俊之博士が登壇し、映画に登場するウミガメを中心に、海の生き物の興味深い話をしてくださいました。
170304b.jpg
また今回はワークショップも開催。昨年夏に生まれたばかりのアオウミガメ2頭がやってきて、間近で観察できたり、オリジナルのポストカードを作ったりと大盛況でした。
170304c.jpg 170304d.jpg

3.5(日)

・ある日の閉館後、自分の無線がないことに気が付いた小池さん。事務所を探してみても見つかりません。この日はイベントの準備で動き回っていたので、映像展示室・警備室・休憩室と色々歩き回って松島さんと探しますが、見つかりません。30分も過ぎると、だんだん何処を探していいのか分からなくなり、レンジの中や冷蔵庫の中も探し出す2人。へとへとになった頃、「あっ!!」と小池さんが思い出し、結局無線は戸棚の中から発見されました。今度なくなったら、小池さん用にネックピースを購入しようと心に誓う松島さんでした。
170305.jpg

3.6(月)

・先日の「三鷹の森アニメフェスタ2017」のワークショップで、折り紙でウミガメを作るコーナーがあり、スタッフも休み時間に挑戦。しかし「え、これどうなってるの?」「なんでこの形になるの??」と苦戦する中、鵜木さんが着々と折り進め、見事に完成させました。
170306.jpg

3.7(火)

・草屋のミモザがだいぶ咲きました。春を感じさせる可愛らしい見た目で、近づいて愛でたいけれど、スギ花粉を連想して何となく抵抗を感じて近寄れないというジレンマに陥る人もいるようです。
170307.jpg
<明日はミモザの日>