2019年1月 ~新年から力いっぱい~

1月

1.3(木)

・新年を迎え、受付のカウンターにはお正月らしく鏡餅が置かれました。カフェでは薪ストーブの慣らし運転をする丸山店長。お正月ならではの清爽な空気の中、2019年のジブリ美術館も晴れやかに初日を迎えました。ところが。この機に薪ストーブの正しい使い方を改めて勉強し直した丸山店長は、なんと薪の置き方を開館当初から間違って理解していた事に気づきました。「上昇気流を作るにはこうやって…。」と独り言をつぶやく丸山店長。何年経っても変わらないものと、新しく変えていくものがありますが、とりあえずは「いい火だね~。」と暖かな火の動きに癒されてうっとりしてしまう丸山店長でした。

1.4(金)

・地下1階の常設展示室にて、「部屋が暗くて怖い。」と、目をギュっと瞑ってしっかりとお父さんを掴んでいる男の子。お母さんに「とても綺麗だよ、見てごらん。」と言われると、恐る恐る、ちょっとずつ目を開いていきます。目を開けていくのと同時に男の子の表情がどんどん笑顔に変わっていき、「あっちも綺麗!」と最後には駆け出していきました。その笑顔を見たご両親もほっと安心された様子です。スタッフは、恐怖心に打ち勝って、そこから瞬く間に変わっていく子どもの一瞬を目の当たりにして、なんだか深く心を動かされていました。

1.5(土)

・1月から短編映画が『毛虫のボロ』になり、ショップのぶるぶるボロマスコットは大人気。紐を引っ張るとブルブルふるえるボロですが、ある日紐が伸びっぱなしで動かなくなってしまったボロがいました。修復を試みますが、どうにも動きません。そこにやってきたのはものの修理が得意なショップの遠藤さん。「うーん…」としばらく触ったあと、拳でドン!とボロをひと突き。するとうんともすんともいわなかったボロがぶるぶると動き蘇りました。力強い見事な蘇生術に「やっぱり遠藤さんだ!」と感嘆する周りのスタッフでした。

1.6(日)

・年明け早々、調子が悪くなった事務所のCDプレイヤーを見ていた郎さんと小川くん。あれこれスイッチや配線をいじってみますが、いっこうに直る気配がありません。そこで、「よし、初心に帰ろう」と、叩いてみることに。残念、こちらは遠藤さんのようにはいかず、CDプレイヤーはシーンと静まったまま。修理隊の力及ばず、こちらはその日のうちに「新しいのを買ってきます!」と渡辺さんが出かけていきました。
2019年1月 ~新年から力いっぱい~

1.7(月)

・あっという間に鏡開き。無病息災を祈ってお餅を開く面々。過去の経験から、まだやわらかい内に…と手をつけていても、かなりの力が必要な様子。今年は秘密兵器?なのか、電動ドリルも持ち出してみたりと、あの手この手を使いましたが今年も無事に伝統を成し遂げ、晴れやかな表情でした。
2019年1月 ~新年から力いっぱい~2019年1月 ~新年から力いっぱい~