高精細映像で蘇る幻の海外産ウルトラマン 〜ウルトラマンG & ウルトラマンパワード〜文:氷川竜介(アニメ・特撮研究家) | V-STORAGE

円谷プロダクションと海外の合作、『ウルトラマンG(グレート)』と『ウルトラマンパワード』の2タイトルが、ついにBlu-ray化される。1990年代、日本の枠組みを大きく超えようとした挑戦であったものの永らく「幻の作品」であった。その分、膨大な手間をかけた最良の状態となって発売される。 90年代は過渡期で、作品ごとに映像原版の状態がまちまちである。かつてはフィルムが最終原版として標準化されていた。しかし80年代後半から放送局への納品形態がコスト的に優位なビデオ原版へ移行していった。一方、特撮は伝統的な技術の継承と質感へのこだわりから撮影はフィルムのままで、ビデオへ変換した後に電子的合成や編集など… 『ウルトラマンG(グレート)』(発売中)と『ウルトラマンパワード』(3/24発売)初のBlu-ray化にあたり、当時の映像がいかにしてリマスターされたのか。知られざる画像調整の現場に、アニメ・特撮研究家の氷川竜介氏が訪問。HD誕生の裏側に隠されたプロフェッショナルのこだわりをレポートしていただきました!