【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編

本日5月26日発売の「月刊少年シリウス」7月号本誌にてスタートしました
月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画!

本誌にて
プロを目指す方も、先生たちの過去を覗いてみたい方も必読!
シリウス13周年を記念して、
シリウス新人賞出身の作家さんたちに、デビュー当時を振り返るインタビュー
あの先生にもそんな時代が!?という貴重なエピソード掲載!!

その本誌でしか読めない先生方のインタビュー
月刊少年シリウス編集部ブログでも順次公開していきます★
7月号本誌では一挙6人の先生方のインタビューが掲載されいるので
「ブログ更新を待ちきれないっ!」という方はぜひ本誌をCheckしてください♫

※編集部ブログに掲載しているインタビューテキスト、画像は本誌掲載とおなじ内容ですが、
ブログ掲載に際しましてレイアウトを変更、テキストなどを拡大して掲載しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【カトウコトノ先生編】
【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編

―――――――――【インタビュー】―――――――――

◆Q&A
Q1:最初にシリウスに投稿したのはいつ頃ですか? そのときの結果と感想を教えてください。
2006年冬に投稿をして、2007年4月号発表の第5回シリウス新人賞で入選をいただきました。嬉しさと怖さが半々でした。
Q2:その後の連載デビューまでの道のりはどんなものでしたか?
受賞後にまず担当さんに、読切用に考えた、アルタイル1話目のネームをお送りしました。それを当時の編集長が「これで連載を描いていい」と言ってくださり、現在の連載(2007年9月号~)に至っています。
Q3:シリウスで担当がついて、漫画の描き方に変化はありましたか? 「投稿作品」と「雑誌掲載作品」では違いはありますか?
【担当さんのアイディア・視点】【締切】【原稿料】があることで、一人では絶対に描けないものを、これまでにないスピードで描けるようになりました。「投稿作品」は私の作品ですが、「雑誌掲載作品」は私一人の作品ではありません。
Q4:シリウスという雑誌の魅力はどんなところだと思いますか?
作家を大事にしてくれるところです。ネームを送ると、担当さんがすぐに連絡をくれますし、作家の情熱や持ち味を尊重して作品を描かせてくれます。
Q5: 新人時代にやっておくべきことは何だと思いますか?
基礎(構成・デッサン・パース)の勉強。
Q6:デビューを目指す投稿者のみなさんに一言メッセージをお願いします。
デビューできるかどうかについては、才能よりも1つ行動を起こすかどうかで決まる場合が多いです。漫画を描いたり、編集部に連絡をする等の、漫画を仕事にするための行動をし続けてください。頑張ってください!
Q7好きな漫画はなんですか?
『ヒストリエ』
Q8:過去の自分に一言 
時代考証をきちんとしてください…。

◆受賞作品時と現在のイラストのBEFORE⇒AFTER
BEFORE
第5回入選『アナスタシアの親衛隊長』(2007年4月号掲載)
【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編

AFTER

『将国のアルタイル』第110話 (2018年6月号掲載)
【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編

―――【カトウコトノ先生の既刊コミックス大好評発売中!!】―――

『将国のアルタイル』第1巻~第19巻(シリウスKC)


―――――――――【関連サイト】―――――――――

『将国のアルタイル』作品ページ
【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
次回の先生はいったい誰でしょうか!?
あす5月27日(土)公開予定です。お楽しみに♪
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編